【僕の失敗談】ダイエットでやりすぎたカロリー制限の末路とは?

ノウハウ
【僕の失敗談】ダイエットでいきすぎたカロリー制限の末路とは?
この記事で解決できるお悩み
  • ダイエットってカロリー制限しなきゃダメ?
  • どの程度カロリー制限すればいいのかな
  • カロリー制限しすぎるとどうなるの?

こんなお悩みを解決します!

この記事では、僕が以前カロリー制限で失敗した実体験をご紹介。

僕は2年前まで66kg(身長168cm)ありややぽっちゃりな見た目だったので、『本気でダイエットしてみよう!』とカロリーや基礎代謝を勉強し、2ヵ月間本気でダイエットに取り組んだことがあります。

そして、数日続けていると徐々にしか減らない体重がストレスになり『もっと早く痩せたい!』とカロリー制限をめちゃくちゃにやってやりました。

するとどうなったと思いますか?

そんな僕のやりすぎたカロリー制限の末路をご紹介します。

現在ダイエット中、またはこれからダイエットをしようと考えている方や、いつかダイエットするかもしれない方まで、ぜひ参考にしてください!

ダイエットの基本はカロリー制限

ダイエットの基本は【カロリーと基礎代謝】知らずにやるから失敗するんです

1kg痩せるには7,200kcalの消費が必要ですが、カロリーを消費するのは大変なこと。

しかし、基礎代謝に着目するとカロリー消費は割と簡単で、日々の食事をカロリーの低い食べ物に置き換えるだけで、誰でも簡単にカロリー制限することができます。

カロリーと基礎代謝の詳細解説は以下の記事をぜひご覧ください。

ダイエットにはもちろん運動も重要ですが、カロリー制限を意識しつつ運動をしないと、いつまで経っても痩せません!

逆を言えば、カロリー制限さえしっかりしておけば、運動はちょっと怠け気味でも痩せることはできますよ!

しかし、だからといってカロリーを制限しすぎると、後悔することになってしまうため、カロリー制限には注意が必要です。

過度なカロリー制限には要注意!

過度なカロリー制限には要注意!

僕は2年前(2019年)の8月、過度なカロリー制限で身体を壊し大失敗した経験があります。

30代成人男性の基礎代謝はおよそ1,600kcalに対して、1日の摂取カロリーを300~500kcalに抑えていたため、免疫機能が低下したことが原因でした。

現在はダイエットをする時、10日で-1kgのペースで減量できるようにカロリーを調整してます。

30代成人男性の基礎代謝がおよそ1,600kcalなので、1日の摂取量を880kcal程度に抑えておけば、10日で-1kgを達成できる計算ですが、毎日筋トレとウォーキングも実践しているため、実際には1日1,000kcal程度は摂取しています。

カロリー制限の失敗例

カロリー制限の失敗例

生物がごはんを食べるというのは栄養はもちろん生きるためのエネルギー、つまりカロリーを摂取するためです。

このカロリー摂取を過度に制限しすぎた僕の実際の経験をお話します。

実際に摂取してた1日あたりのカロリー

2年前(2019年)の7月~8月に初めてカロリー制限をしながらダイエットをした時、「やるからには極限までカロリーを制限して一気に痩せよう!」と考えました。

その時に実践した1日の目標摂取カロリーはわずか『300~500kcal以内』。

ゆで卵に換算するとおよそ3~6個分、お米に換算するとご飯茶わんに軽く一杯(約150g)の1~2杯分。

今思い返すと恐ろしいくらいに食べる量が少なすぎますね。笑

当時はたったそれだけで1日を過ごしつつ、さらに毎日20分の筋トレと60分以上のウォーキングを毎日ほぼ欠かさず実践した結果、1ヵ月で4~5kg、2ヵ月で8kgの減量に成功!

2ヶ月間 66kg ▶ 58kg

身体は軽くなりつつも筋肉量はそこそこ上がっていたので、懸垂で50回程度できるぐらいにまでなってました。

過度なカロリー制限の代償

生物が生きるためにはカロリーというエネルギーが必要です。

僕はそのカロリーを極限まで制限することで、一気に痩せることに成功しました。

しかし、生きるために必要なカロリーを制限しすぎたその代償は大きく、カロリーを制限しすぎたことが影響して身体の生命維持機能が低下し身体の免疫機能が弱まり、毎日フラフラするようになってしまいしばらく体調を崩してしまいました。

免疫機能低下による異変

さらに、免疫機能が著しく低下したことから、数年ぶりに風邪を引き、何より大変だったのは昔治療が完了したはずの奥歯の虫歯跡がいきなりひどく化膿し、奥歯周辺の歯茎がめちゃくちゃ腫れてしまったことです。

すぐにかかりつけの歯科クリニックに相談し、急すぎたため予約は埋まってましたが隙間時間になんとか診てもらいました。

歯科医によると、虫歯は治療が完了しても僅かな虫歯菌がどうしても残ってしまうが、免疫機能がしっかり働いていれば増殖することなく抑え込まれるため、本来は特に問題にならないとのこと。

ですがこの時、過度なカロリー制限によって免疫機能が低下したことから、虫歯の治療跡に潜んでいた僅かな虫歯菌が急激に増殖(活発化)してしまったようです。

総合病院で抗生剤を3日間打つことに

急激な化膿で状態が一気にひどくなってしまってたことから、かかりつけの歯科クリニックでは治療ができない状態となっていたため、総合病院に紹介状を書いてもらい、3日間総合病院に通いながら点滴で抗生剤を打ってもらいながら様子を見ることに。

『点滴を打っても腫れがひかなければ、奥歯を抜いて歯茎内を洗浄する必要がある』と言われていたため、30代で早くも奥歯を1本失うのかと、まさに絶望的状況でした。

幸いにも3日間の点滴によって増殖していた菌は抑えることができ、なんとか奥歯は抜かずに虫歯跡を再洗浄するだけで解決!

人生でもっとも『ホッ』とした瞬間だったかもしれません。笑

まとめ

最後に、ご紹介した内容をおさらいしておきましょう。

ダイエットでカロリー制限のやりすぎに注意!
  1. ダイエットはカロリー制限と運動をセットで実践することで痩せることができる
  2. カロリーは生物が生きていく上で必要なエネルギー源
  3. カロリー制限をやりすぎると、身体が衰弱して免疫機能が低下する

ご紹介した実体験を知っておくことで、無理なダイエットをせず健康的なダイエットを心得てくれるようになってもらえると嬉しいです。

僕の場合は昔の虫歯治療跡の暴走でしたが、免疫機能が低下すると身体におよぼす影響は計り知れません。

せっかくやるなら、ダイエット終了後も身体を壊すこと無く健康的に頑張りましょう!

ぜひ、僕みたいな失敗はしないでくださいね!笑

▼ コメント ▼

タイトルとURLをコピーしました