【Googleアナリティクスの登録方法】計測開始まで徹底解説!

各記事にあるclipをクリックすることで、あとからもう一度読みたい記事をクリップ一覧ページにまとめておくことができます(メニューをご覧ください)。
【Googleアナリティクスの登録方法】計測開始まで徹底解説!
この記事で解決できるお悩み
  • ブログのアクセス数を計測したい
  • Googleアナリティクスを使うにはどうしたらいいの?
  • Googleアナリティクスのタグ貼り付け方法が知りたい

こんなお悩みを解決します。

この記事で解説する『Googleアナリティクス登録方法』どおりに進めていけば、初心者でも迷うことなくアクセス数を収集できるようになりますよ!

アクセス数の収集を開始するまでの手順は以下の通り。

  1. Googleアナリティクスに登録
  2. 専用のタグを取得
  3. ブログにタグを設置

解説どおりに進めていけば難しいことはないので、安心して進めてください。

さっそく設定していきましょう!

Googleアナリティクスとは?

Googleが無料で提供しているアクセス解析ツールです。

Googleアナリティクスに計測対象サイトを登録し、専用コードをサイトに貼り付けて連携。

するとあとは自動的にユーザーのアクセス状況が細かく収集されます。

必要なもの

GoogleアカウントがあればOK!

無料で使えるため、他は特に必要ありません。

プライベートのGoogleアカウントを使用するか、必要に応じてブログ用アカウントを用意しておいてください。

Googleアナリティクス登録方法

まずは『Googleアナリティクス』からGoogleアナリティクスにアクセスしてください。

Googleアナリティクス-登録

【測定を開始】をクリック。


Googleアナリティクス-登録-アカウント名入力

お好みで分かりやすい「アカウント名」を入力してください。

入力したら【次へ】をクリック。


Googleアナリティクス-登録-プロパティの設定
  • プロパティ名:プロパティとは「計測するサイト」と認識しておけばOK。ドメインかブログ名をプロパティにしておくと分かりやすいです。
  • レポートのタイムゾーン:レポートの1日の区切り基準。居住地にしておけばOK。
  • 通貨:慣れ親しんだ通貨にしておけばOK。

全て入力・選択したら、【詳細オプションを表示】をクリック。


Googleアナリティクス-登録-プロパティの設定-ユニバーサルアナリティクス
  • ウェブサイトのURL:計測したいURLを入力
  • Google アナリティクス 4 とユニバーサル アナリティクスのプロパティを両方作成する:チェック
  • Google アナリティクス 4 プロパティの拡張計測機能を有効にする:チェック

ユニバーサルアナリティクスを使用するための設定です。

Googleアナリティクスには新旧2つの種類があり、一つのアナリティクス上で新旧それぞれに切り替えることができるようになっています。

  • 旧)ユニバーサルアナリティクス(略称:UU)
  • 新)Googleアナリティクス4(略称:GA4)

説明書きには

これからアナリティクスの利用を開始される新規のお客様には、ユニバーサル アナリティクス プロパティの使用は推奨されていません

と記載されてますが、まだまだユニバーサルアナリティクスの需要が高く、アナリティクスのことをネット上で調べるとユニバーサルアナリティクスを使った解説が多いのも事実。

削除はいつでもできますが、あとから新しく作ると作った時点から測定開始となるため、とりあえず最初は新旧2つのアナリティクスを用意しておけばOK。

入力、選択が完了したら【次へ】をクリック。


Googleアナリティクス-登録-プロパティの設定-ビジネス概要

「ビジネス」と言われると「???」となるかもしれませんが、なんとなくブログに当てはまるものを選べばOK。

ただのアンケートだと思ってください。

  • 業種:ブログの方針に当てはまるものを選択
  • ビジネスの規模:何人で運営するか選択
  • Googleアナリティクスのビジネスにおける利用目的~:どういう計測目的なのか選択

全て選択したら【作成】をクリック。


Googleアナリティクス-登録-利用規約
  • お住まいの国や地域:居住国を選択
  • GDPR で必須となるデータ処理規約にも同意します:チェック

選択、チェックをしたら【同意する】をクリック

GDPRとは?

「EU一般データ保護規則(GDPR:General Data Protection Regulation)」の略称で、EU域内における個人データ保護が定められた法令のこと。

日本人向けにブログを運営する場合同意は必須ではありませんが、EU諸国在住の日本人からのアクセスが無いとも限らないので、チェックしておきましょう。


Googleアナリティクス-メール配信

メール配信設定が表示されたら、受け取りたい配信にチェックして【保存】をクリックしてください。

不要な場合はチェックを入れず【保存】。


これでGoogleアナリティクスの登録は完了!ですが、「登録」が完了しただけでまだ計測は開始されません!

計測用のタグをブログに設置することでアナリティクスとブログが連携されて計測が開始されます。

引き続き解説していきますね。

もう少しで終わるので頑張ってください!

アナリティクス計測タグ設置

タグを設置する方法は主に以下2つ。

  • 計測用コードをサイトの「<head>」に直接貼り付ける
  • Googleタグマネージャーを経由する

今回はブログ運営の効率化につながるGoogleタグマネージャーを経由した設置方法で解説していきます。

Googleタグマネージャーをまだ使ったことがないという方は『【Googleタグマネージャーの使い方】24枚の画像で徹底解説!』を参考に、先に使えるようにしておいてください。

Googleアナリティクス4

先程アナリティクスの登録時に「Googleアナリティクスには新旧2つの種類がある」と解説しましたね。

新旧それぞれをGoogleタグマネージャーに登録する必要があるため、まずは『Googleアナリティクス4』のタグから設置していきます。

Googleタグマネージャーにタグを登録する流れは以下の通り。

  1. Googleアナリティクスから【測定ID】を取得
  2. Googleタグマネージャーでタグを作成して取得したIDを貼り付ける
  3. タグを公開

たったこれだけ。

さっそくGoogleアナリティクスから測定IDを取得していきましょう!

Googleアナリティクス – 測定ID取得

Googleアナリティクス-GA4であることを確認

まずはGoogleアナリティクス4に切り替えます。

画像内赤枠部分をクリック。


Googleアナリティクス-GA4とユニバーサルアナリティクスを切り替え

「GA4」と記載されたプロパティと記載がないプロパティがありますね。

「GA4」とは「Googleアナリティクス4」の略なので、「GA4」と記載された方をクリックするとGoogleアナリティクス4(GA4)に切り替わります。


Googleアナリティクス-GA4管理画面

左下の『管理』をクリック。


Googleアナリティクス-GA4データストリーム

【データストリーム】をクリック。


Googleアナリティクス-GA4ストリームを選択

Webサイト計測用のストリームを選択してください(地球儀のようなマークが目印)。

対象ストリームが無い場合
Googleアナリティクス-GA4ストリームを選択

【ストリームを追加 – ウェブ】をクリック。


Googleアナリティクス-GA4ストリームを追加
  • ウェブサイトのURL:計測するURLを入力
  • ストリーム名:計測対象URLをそのまま入力するか、ドメインを入力しておくと分かりやすいです

それぞれ入力したら【ストリームを作成】をクリックでデータストリームの追加は完了です。

作成したストリームを選択してください。


Googleアナリティクス-GA4測定IDをコピー

右上の測定IDをコピーします。

画像内赤枠部分のマークをクリックするとコピーされます。

この測定IDをGoogleタグマネージャーに登録することで、アクセス解析が開始されます。

Googleタグマネージャー – タグを作成

次はGoogleタグマネージャーへ取得した測定IDを登録する作業です。

対象コンテナを選択。


GTM-タグ

左メニューから【タグ】へ進んで「新規」をクリック。


GTM-新規タグの名前とタグの設定

左上にタグの名前を付けてください。

今回は「Googleアナリティクス4」のタグ登録なので、分かりやすく『Googleアナリティクス – GA4』にしておきましょう。

名前を入力したら大きい赤枠内「タグの設定」をクリック。


GTM-タグの設定-Googleアナリティクス:GA4設定

【Googleアナリティクス:GA4設定】をクリック。


GTM-GA4-測定ID-トリガー

先程Googleアナリティクスでコピーしておいた「測定ID」を貼り付けます。

貼り付けたら下部の【トリガー】をクリック(画像内下部大きい赤枠)。


GTM-GA4-トリガー設定

【All Pages】を選択。


GTM-GA4-保存

【保存】をクリックでタグの作成は完了です。

Googleタグマネージャー – タグを公開

GTM-公開

タグを作成したあとは必ず公開!

公開処理をしないと作成したタグが有効になりません。

右上の【公開】をクリック。


GTM-公開設定
  • バージョン名:変更履歴(公開履歴)が分かりやすいように名前を付けてください。
  • バージョンの説明:簡易説明を入力してください。

それぞれ入力したら右上の【公開】をクリック。

以上でGoogleタグマネージャーを使ったタグの設置は完了です!

ユニバーサルアナリティクス

Googleタグマネージャーにタグを登録する流れはGA4と同じで以下の通り。

  1. ユニバーサルアナリティクスから【トラッキングID】を取得
  2. Googleタグマネージャーでタグを作成して取得したIDを貼り付ける
  3. タグを公開

さっそくユニバーサルアナリティクスからトラッキングIDを取得していきましょう!

Googleアナリティクス – トラッキングID取得

Googleアナリティクス-ユニバーサルアナリティクスに切り替える

まずはユニバーサルアナリティクスに切り替えます。

画像内赤枠部分をクリック。


Googleアナリティクス-ユニバーサルアナリティクスに切り替え

「GA4」と記載されたプロパティと記載がないプロパティがありますね。

「GA4」と記載がないプロパティの右にある「すべてのウェブサイトのデータ」をクリック。

するとユニバーサルアナリティクス(UA)に切り替わります。


Googleアナリティクス-ユニバーサルアナリティクス-管理に移動

左下の【管理】をクリック。


Googleアナリティクス-ユニバーサルアナリティクス-プロパティ設定

【プロパティ設定】をクリック。


Googleアナリティクス-ユニバーサルアナリティクス-トラッキングIDをコピー

【トラッキングID】をマウスで選択してコピーしてください。

Googleタグマネージャー – タグを作成

次はGoogleタグマネージャーへ取得したトラッキングIDを登録する作業です。

対象コンテナを選択。


GTM-タグ

左メニューから【タグ】へ進んで「新規」をクリック。


分かりやすいようにタグの名前を付けてください。

今回はユニバーサルアナリティクスのアクセス解析用タグなので、「Googleアナリティクス – UA」と付けました。

名前を入力したら大きい赤枠内(タグの設定)をクリック。

UAとは旧アナリティクス「ユニバーサルアナリティクス」の略。


GTM-タグ設定-『Googleアナリティクス:ユニバーサルアナリティクス』を選択

『Googleアナリティクス:ユニバーサルアナリティクス』を選択。


GTM-タグ設定-アナリティクスID設定

【このタグでオーバーライド設定を有効にする】にチェックを入れ、先程取得しておいたユニバーサルアナリティクスのトラッキングIDを入力してください。

入力したら大きい赤枠内(トリガー)をクリック。


GTM-タグ設定-トリガー選択

【All Pages】を選択。


GTM-タグ設定-保存

【保存】をクリックでタグの設定は完了です。

Googleタグマネージャー – タグを公開

GTM-公開

タグを作成したあとは必ず公開!

公開処理をしないと作成したタグが有効になりません。

右上の【公開】をクリック。


GTM-公開設定
  • バージョン名:変更履歴(公開履歴)が分かりやすいように名前を付けてください。
  • バージョンの説明:簡易説明を入力してください。

それぞれ入力したら右上の【公開】をクリック。

以上でGoogleタグマネージャーを使ったタグの設置は完了です!

設置状況確認

Googleアナリティクス4、ユニバーサルアナリティクスのタグ設置が完了したら、最後にちゃんと計測されているかチェックしておきましょう!

チェックの手順は以下の通り。

  1. スマホから計測対象のブログへアクセス
  2. PCからGoogleアナリティクスのリアルタイムレポートで確認

ということで、まずはスマホからブログへアクセスしてください。

スマホでアクセスしてからアナリティクスのリアルタイムレポートに反映されるまで数分かかる場合があります。

Googleアナリティクス4

Googleアナリティクス-GA4リアルタイムレポート

アナリティクスを『GA4』に切り替えてください。

トップ画面の右側にリアルタイムレポートの省略版が表示されてるので、確認アクセスが計測されていればOK。

ユニバーサルアナリティクス

Googleアナリティクス-ユニバーサルアナリティクスリアルタイムレポート

アナリティクスを『ユニバーサルアナリティクス』に切り替えてください。

トップ画面の右側にリアルタイムレポートの省略版が表示されてるので、確認アクセスが計測されていればOK。

まとめ:Googleアナリティクスの登録方法

最後に、ご紹介した内容をおさらいしておきましょう。

Googleアナリティクスの登録方法
  1. GoogleアナリティクスとはGoogleが無料で提供しているアクセス解析ツール
  2. Googleアカウントがあれば無料で使える
  3. ブログに専用のタグを設置することで、サイトとアナリティクスが連携されてサイト訪問者のアクセス状況が収集される。

ご紹介した内容を実践したなら、アクセス状況を細かく把握することができるようになりましたね。

アクセス状況を分析しながらよりアクセス数アップを狙っていきましょう!

Googleアナリティクス応用編

GoogleアナリティクスとGoogleタグマネージャーを応用すると、ブログ内の特定リンクがクリックされた回数まで計測することができるようになります。

特定リンクのクリック回数を計測できるようになると、特定のアフィリエイトリンクがどれだけクリックされているのかピンポイントで把握することができるようになり、より緻密な戦略を練っていけるようになりますよ。

興味がある方は『特定リンクのクリック回数をカウントする方法【42枚の画像で解説】』をご覧ください。

各記事にあるclipをクリックすることで、あとからもう一度読みたい記事をクリップ一覧にまとめておくことができます。

 

 

▼ コメント ▼

タイトルとURLをコピーしました